うつ病の薬の最近のブログ記事

うつ病の薬


| | コメント(0) | トラックバック(0)

うつ病の治療の基本は、脳内で異常を起こしている神経伝達物質のはたらきを正常に戻すための薬による治療と精神的な負担を軽くするための心身の休養です。うつ病の治療に使う薬は「抗うつ薬」という種類の薬です。この「抗うつ薬」は脳内でバランスがおかしくなっている神経伝達物質の働きを修正してうつ病の症状を改善させる効果があります。抗うつ薬を服用することで不安や憂鬱感を和らげることでうつ病の症状を改善しますが、性格そのものが抗うつ薬によって変わるということではありません。抗うつ薬の服用にあたっては専門医の診断による指示に従うことが一番重要です。薬と服用する量や期間を自分の判断で変えてはいけないのです。抗うつ薬の効果には即効性はありません。適切な量を継続して服用することで2週間から4週間程度で少しずつうつ病の症状が改善してくるのだそうです。風邪薬のような即効性のある効果はありませんが、うつ病の原因である脳内の異常を改善する効果は実証されています。抗うつ薬は40年前から改良されながら使用し続けられてきた薬で、いくつかの種類があって、それぞれ効果に違いがあります。抗うつ薬の主な種類には、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SNRI、SSRIなどがあります。

抗うつ薬服用時の注意


| | コメント(0) | トラックバック(0)

うつ病の治療に限らず薬を服用する際には、医師の指示に従って薬の特徴をきちんと理解した上で行なうことが基本です。特にうつ病の治療に用いる抗うつ薬は服用し始めても効果はすぐには現れません。これはうつ病の改善は即効性があるものではないことを理解していれば心配することではありません。一般的には抗うつ薬の服用をはじめてから2週間から4週間ほどしてうつ病の症状が改善され始めるようです。うつ病の症状によって抗うつ薬の処方される量は異なります。またうつ病の治療で副作用を避けるために抗うつ薬は少量を服用して薬になれてきたら、だんだんと服用する量を増やしていくという治療が一般的だそうです。うつ病以外の病気の場合でもみられるのですが、症状が改善すると自分の判断で薬の服用をやめてしまう人がいます。うつ病の症状が薬によって抑えられている状態なので、医師の指示なく薬の服用を止めてしますとうつ病の症状は再び悪化し、このようなことを繰り返すことでうつ病を長期化させる場合もあります。うつ病の治療中の薬の服用は医師の指示に従うことが重要なのです。うつ病の症状が実際に改善されてくれば服用する薬の量は少なくなります。また抗うつ薬の常習性を心配される方もいるようですが、抗うつ薬には習慣性や常習性はありません。自己の誤った知識で薬による治療を変えないようにしなければうつ病は治りません。

うつ病の治療薬について


| | コメント(0) | トラックバック(0)

うつ病の治療には抗うつ剤を服用することが一般的です。うつ病の治療で抗うつ薬を飲むと便秘になることがあるようです。また、抗うつ薬によって口の渇きを感じるようになることもあるようです。これはうつ病の治療につかう薬によって抗コリン作用と呼ばれる副作用が起こるためなんだそうです。うつ病の治療に使用される抗うつ剤にはアセチルコリン受容体と呼ばれる脳内のセンサーのような部分に結合する性質があります。この結びつく性質によって、大腸が活発に動くようになるので、水分が過剰に吸収されて、うつ病の薬物治療中には便秘になったり口や喉が乾いたりということが起こります。うつ病の治療で三環系のトリプタノール錠やアモキサンカプセルという抗うつ薬を服用してひどい便秘になり、SSRIのルボックスという抗うつ薬に変えたという例もあるそうです。前立腺肥大症を煩っている人はうつ病の治療で抗うつ薬を服用することで尿が出にくくなるケースがあるそうです。急性閉塞隅角緑内障をはじめ緑内障の方は、うつ病治療によって抗コリン作用で眼圧が上がって緑内障の症状をより悪くさせる危険があるそうです。これらの病気に人はうつ病の治療について、前もって医師に相談することをお勧めします。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち うつ病の薬カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはうつ病の種類です。

次のカテゴリはうつ病の診断です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。