うつ病の治療の最近のブログ記事

薬物によるうつ病の治療


| | コメント(0) | トラックバック(0)

うつ病の治療の方法には、まず休養が大切です。そして休養と共にうつ病の治療の基本になるのが薬物による治療なのですが、薬物によるうつ病の治療にはどのような薬を使用するのでしょう。うつ病の研究が進んだ現在では、うつ病は脳内で神経伝達を行なう機能が正常に働いていない状態だと考えられています。この「神経伝達を行なう機能」が異常な状態になっていることで、正常な感情や思考ができなくなるのがうつ病の状態です。なので、この脳内の障害を薬によって改善するのが薬物によるうつ病の治療なのです。うつ病の治療に用いられる薬を抗うつ薬といいます。うつ病に治療に用いられる抗うつ薬は、三環系抗うつ薬、モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの様々な種類があります。うつ病の治療に薬物が用いられるようになった最初のころは主に三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬が使われていたのですが、研究がすすむにつれてSSRIやSNRIなどのより副作用の少ない種類の抗うつ薬が開発されました。三環系抗うつ薬にはイミプラミン、トリミプラミン、アミトリプチリンなどがあります。SSRIにはパロキセチン、フルボキサミンなど、そのほかにもトラゾドン、スルピリドなどの抗うつ薬を用いてうつ病を改善します。

精神療法によるうつ病の治療


| | コメント(0) | トラックバック(0)

"うつ病の治療法で精神療法というと、何か特別な治療なのかと気構えてしまいがちですが何もたいしたことがないことです。うつ病の精神療法は基本的に、診断してもらっている医師とよく話し合うことなんです。医師の治療といってもカウンセリングのようなもので、日々の生活での問題や悩んでいること、または考え方について医師に話してみることからはじめるといいでしょう。医師にそれらの話をすることで自分が何の原因でうつ病になったのか気付いたり、その原因を改善していくために行なうのが精神療法によるうつ病の治療の方法です。精神療法によるうつ病の治療は、うつ病が発症した原因となっているストレスがはっきりしていて症状が軽い場合に行なわれることが多いうつ病の治療方法で、反対に重たいうつ病の症状の場合には精神療法を用いることで症状がより悪い方向に向かう可能性もあるそうなので注意が必要です。うつ病は治療方法の選択と治療の順番が大切で、うつ病の改善のための基本となるのは、休養と薬物による治療です。実際には、これらの方法によってうつ病の症状が軽くなってきた段階でカウンセリングを行なったり精神療法を取り入れていくことが多いのだそうです。
"

うつ病治療の基本


| | コメント(0) | トラックバック(0)

うつ病の治療の方針は、うつ病が発症した原因によって分類される種類で多少異なります。精神的なストレスなどの心理的葛藤が原因ではない「内因性うつ病」の場合、治療の流れは一般的な病気の場合と同じで、無理をせずに休養をとりながら薬を服用して回復するのを待つことが基本となります。うつ病は心の病だということで、気持ちの持ちようや自己の努力によって改善できると考えがちですが、うつ病(特に内因性うつ病)をこれらの方法で改善させることはできません。それどころかうつ病の症状を悪化させることにもつながります。うつ病は将来を悲観してしまう症状があり、うつ病が回復することはないという考えしか持てなくなり症状をますます悪化させてしまうことがあるのですが、いかに重度のうつ病でも治療によっていずれはかならず改善するものなので、いつかは治る病気なのだという希望を持つことがうつ病の治療をする上で大切なことです。うつ病の治療には周囲の人の応対も重要になってきます。甘えてはいけない、頑張らないといけないといった類の言葉は、うつ病患者を精神的に追い詰めることになり、症状の悪化や最悪のケースでは自殺のきっかけにもなり得ます。うつ病は自分の力でどうにもできない状態なので、自分の努力で改善することを求める言葉は逆効果なのです。本人はもちろん周囲の人も、うつ病が自分の力では回復することができない病気であることを受け入れて焦らずに回復を信じる考え方を持つことが大切です。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち うつ病の治療カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはうつ病の克服です。

次のカテゴリはうつ病の症状です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。