うつ病の克服の最近のブログ記事

すぐにできるうつ病の克服法


| | コメント(0) | トラックバック(0)

うつ病の症状を悪化させないために大切なことは、うつ病になると現れる「悲観的になる」「自分が価値のない人間に思える」などの後ろ向きで否定的な考え方をしてしまった場合に、それらをうつ病の症状だと理解して割り切ってしまうことです。何かをやろうとしても出来ないこともうつ病の症状だと理解して無理にやろうとしたり出来ないはずがないと考えないことが大切です。うつ病の治療によって症状が改善されてくれば、これらの否定的な考え方も治まってきます。うつ病から回復するまでの間は、自分が出来ると思ったこと以外を請け負わないようにする、自分ができる小さなゴールを作って出来ることから取り掛かるようにする、気持ちが前向きになる活動に参加し、うつ病であることはなるべく打ち明けるようにしながら一人にならないように人と一緒にいる時間を多く持つ、激しくない程度の運動や社会活動・スポーツ観戦・映画鑑賞などをする、大切な決断(退職、出産、結婚、離婚など)はうつ病が回復するまで延期する、うつ病は急に回復しないので気長に治療しようという気持ちをもつ、うつ病で苦しんでいることをまわりの人に伝えて助けを求めるようにする、などを心がけることが大切です。これらはすぐにでもできるうつ病克服のための方法です。

うつ病の克服法


| | コメント(0) | トラックバック(0)

うつ病を克服するために実践し改善した例のある方法を一部ご紹介します。うつ病を克服するということは、身体の機能を正常なときの状態に戻すことを言い換えることができます。今回ご紹介するのは身体をうつ病にかかる以前の状態に戻すことを目標にした克服法です。まずは規則正しい睡眠のリズムを作ることです。具体的には朝8時に起きて夜12時に寝ることです。規則正しい早寝早起きでうつ病の原因とされる神経伝達物質(メラトニン・セロトニン)が安定するようにします。うつ病にかかると昼夜逆転、不規則な睡眠など生活のリズムが狂います。起きることだけを頑張るのですが、これが大変なようなら少しずつ起きる時間を正常に戻していくようにします。太陽の光を浴びることでうつ病の症状の改善にもなりますし効果的です。そして朝起きたら熱いシャワーを浴びてすぐに食事をとります。シャワーによってうつ病で異常をきたしている自律神経を刺激する効果があります。朝食は起きてから30分以内に食べることで体内時計を整えることができます。そして日にあたり身体を動かします。夜正常に睡眠をとるためには身体が疲れないといけませんし、運動によって身体の機能は正常に戻ろうとするようです。

うつ病を本当に治すために


| | コメント(0) | トラックバック(0)

うつ病の治療法は、研究が進んだことで進歩しています。薬によるうつ病の治療は効果的ではありますし、抗うつ薬によってうつ病の症状を和らげることができるようになりました。しかし薬にだけ頼った治療では、うつ病は再発する可能性が高く本当にうつ病が治っていない場合もあります。本当にうつ病を治すために必要なことは、うつ病の原因になっていることをみつけて改善することです。うつ病の原因となりえる内容は人によってさまざまです。たとえば職場の人間関係や仕事の環境によってうつ病の症状がひどくなる場合も少なくありません。また将来に対する不安が原因のひとつであることもあります。5年、10年先の自分の姿をイメージできないことで漠然とした不安からストレスを抱えてしまっていることもあります。ひとつの改善方法として、ブレインダンプをお勧めします。これは頭の中で思っていることを全て紙やワープロなどに書き出して不満や欲求など全てを掃き出して整理することで自分自身を分かるという行動です。なんとなくでも将来に対して前向きになれるきっかけがあればうつ病の症状の改善につながると思います。このようにうつ病の本当の完治のためには薬だけでなくうつ病の原因となっている根本的なことをひとつひとつクリアにしていくことが大切ではないかと考えています。

カスタム検索


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち うつ病の克服カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはうつ病の治療です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。